42798db4-6b97-4763-af53-ce0a0e906a09
薬剤師が転職を考える際は、
・友人、知人の紹介
・ハローワーク(公共職業安定所)
・薬剤師転職サイト(転職エージェント)

の2つを思い浮かべると思いますが、最近だと薬剤師転職サイトを経由して転職をするケースが主流になってきています。

と言うのは、
【薬剤師転職サイトを利用するメリット】
・職業相談や求人の紹介などのサービスを、完全無料で利用できる
・ハローワークに掲載されていない、非公開求人情報が多い
・転職祝い金が貰えるサイトもある

など、様々なメリットがあるからです。

それでは、転職に失敗しない為にはどのサイトに登録して活動を行えば良いのかについて解説していきたいと思います。

薬剤師転職サイト 選び方のポイント

薬剤師転職サイトを選ぶ際のポイントは、

【薬剤師転職サイトを選ぶポイント】
・希望職種(病院、調剤薬局、ドラッグストアなど)の求人を取り扱っているか
・正社員の他に、パートや派遣などの求人も取り扱っているか
・希望勤務地の求人があるか
・導入研修や転職祝い金制度があるか

の4点です。

◆希望職種の求人を取り扱っているか

平成28年時点の、各施設に従事する薬剤師数は

・薬局の従事者 17万2,000人 (ドラッグストア含む)
・医療機関の従事者 11万6,000人 (病院、診療所など)
・医薬品関係企業の従事者 4万2,000人 (製薬メーカー、卸売販売業など)

となっています。つまり、「調剤薬局」・「ドラッグストア」か、もしくは「病院」に従事している薬剤師がほとんどです。
なので、調剤薬局やドラッグストア、病院の求人を多く取り扱っているかどうかが薬剤師転職サイトを選ぶ際のポイントとなります。

◆調剤薬局に転職するなら「ファルマスタッフ」

 調剤薬局に転職したいと考えているなら、「ファルマスタッフ」がおすすめです。
日本調剤のグループ企業が運営している転職サイトなので、調剤薬局の転職に強みを持っているんです。
年収600万円以上可の高待遇の求人や、研修制度が充実している企業の案件を数多く揃えていますよ。

「ファルマスタッフ」公式サイト⇒薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」


◆ドラッグストアに転職するなら「薬キャリ」

調剤薬局だけでなくドラッグストアの転職にも強みを持つのが、この薬キャリです。
大手エムスリー㈱が運営する転職サイトということで、安心して登録できると評判があります。
調剤だけでなくOTCの知識も身に付く「調剤併設型ドラッグストア」への転職も考えている方に、ぜひおすすめのサイトです。

「薬キャリ」公式サイト⇒薬キャリ


◆病院に転職するなら「マイナビ薬剤師」

病院へ転職したいと考えているなら、「マイナビ薬剤師」がおすすめです。
専任のキャリアコンサルタントが各医療機関へのヒアリングを徹底している為に太いパイプで繋がっており、情報量は圧倒的です。
職場の雰囲気や人間関係などの内部情報に詳しいと、評判があります。

「マイナビ薬剤師」公式サイト⇒マイナビ薬剤師


◆企業に転職するなら「リクナビ薬剤師」

製薬メーカーなどの企業に転職したい場合は、「リクナビ薬剤師」がおすすめです。
人材関連の最大手企業だけあり、メーカーとのつながりが強いです。

リクナビ薬剤師で紹介されれている求人は、主に「管理薬剤師」や「学術」です。
MR職を希望される方は、リクナビNEXT」の方に豊富に掲載されているので、そちらのページも参考にしてみてください。

「リクナビ薬剤師」公式サイト⇒リクナビ薬剤師


◆正社員の他に、パートや派遣などの求人も取り扱っているか

平成28年の薬剤師総数を見てみると、
・男性 7万8,000人
・女性 15万1,000人

と、半数以上が女性薬剤師となっています。

その為、結婚や出産を機にパートや派遣という働き方を希望する人が増えてきているんです。
だから、正社員・契約社員だけでなくパートや派遣の求人も取り扱っている転職サイトを見分けることが重要になってくるんです。
パートの求人を扱っているサイトは多いんですが、派遣の求人まで扱っている所は、そう多くはないんですよ。

◆派遣薬剤師として転職するなら「ファルマスタッフ」

1ヶ所の職場ではなく、様々な現場を通じてキャリアアップが期待できる「派遣薬剤師」という働き方。
派遣薬剤師として転職したいのであれば、先ほど紹介した薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」がおすすめです。
時給4,000円以上の高待遇の求人情報を多く取り扱っており、柔軟な働き方をしたい薬剤師に人気の転職サイトなんです。

「ファルマスタッフ」公式サイト⇒薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」


◆関西在住の人は「ファル・メイト」もチェック!

大阪・京都など関西エリアにお住まいの方は、薬剤師の転職・派遣はファル・メイトもチェックして欲しい転職サイトです。
「ファル・メイト」も派遣求人に強いサイトで、ご自身の都合に合わせながら働くことができます。
子育てが一段落したママさん薬剤師や、引退後にのんびりしながら働きたい方にぜひおすすめです!

「ファルマスタッフ」公式サイト⇒薬剤師の転職・派遣はファル・メイト


◆希望勤務地の求人があるか

どんなに良い待遇の求人があったとしても、希望する勤務地じゃなければ話になりません。
「良い求人が見つかったけど、遠いので引っ越す必要がある」なんてことも良くあるケースです。

このページで紹介している薬剤師転職サイトは、全国に対応しています。
しかし、良い求人情報が出るタイミングはそれぞれのサイトによって異なります。
「〇〇〇」のサイトに登録して転職活動をしていたら、会員登録していない「△△△」のサイトに良い求人が出ていたらしい・・・ということって良くありますよね。

高待遇でレアな求人は、絶対に見逃したくない!そんな方は、「薬剤師求人.comに登録することがおすすめです。

◆貴重な求人を見逃したくない人⇒「薬剤師求人.com」

「薬剤師求人.com」は各転職エージェントと提携している為、世の中に出回っている求人のほとんどを網羅していると言って良い転職サイトです。
その為、貴重な求人を見逃すことが少なく、納得のいく転職をすることができるんです。

「ファルマスタッフ」公式サイト⇒薬剤師求人.com


貴重な求人を見逃したくない人⇒「薬キャリ」

先ほど紹介した「薬キャリ」についても、他の転職エージェントと提携をしています。
ドラッグストア業界への転職に強いだけでなく、様々な求人情報を持っていると評判があります。
調剤薬局・ドラッグストアへの転職を考えつつ、他の業種も視野に入れている方にぜひおすすめです!

「薬キャリ」公式サイト⇒薬キャリ


◆導入研修や転職祝い金制度があるか

先ほど、薬剤師は女性の方が多いという話をしました。
その為、結婚や出産を機に一時退職する方が多く、ブランクが生じる方も少なくありません。
10年ぶり、20年ぶりに現場に立つともなるとすごく不安になりますよね。

このページで再三紹介している「薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」」に派遣社員として登録すると、導入研修を無料で受けることができます。
長年ブランクを生じた薬剤師の方にとても好評の研修なんですよ。

また、薬剤師転職サイトの中には、高額な転職祝い金を支給してくれるところもあります。

◆転職祝い金 最大で40万円支給!「ジョブデポ薬剤師」

ジョブデポ薬剤師を通じて転職をすると、最大で40万円の転職祝い金が支給されます。
ジョブデポ薬剤師に掲載されてなく、他の薬剤師転職サイトで紹介されている求人でも対象になる、というのが人気の理由なんです。
この場合、「〇〇〇というサイトに掲載されている求人を紹介して欲しい」と、ジョブデポのキャリアアドバイザーに伝え、転職するだけでOKです!

「ジョブデポ薬剤師」公式サイト⇒ジョブデポ薬剤師


◆転職支援金 最大で20万円支給!「ファゲット」

「ジョブデポ薬剤師」の転職祝い金は、1回限りの制度です。過去にジョブデポ薬剤師から転職祝い金を貰ったことがある人は、対象外です。
そこで、また転職祝い金が欲しいという方にぜひ活用して欲しいのが2番目に古い薬剤師転職サイト『ファゲット』という転職サイトです。
こちらのサイトでも転職支援金という形で、転職時に最大で20万円を支給する制度があります。


薬剤師転職サイト 選び方のポイント まとめ

以上、薬剤師転職サイトの選び方についてのポイントについて解説してきました。
これらのことをざっくりとまとめると、

【薬剤師転職サイト 選び方のポイント①】 希望職種の求人
・調剤薬局に転職す⇒薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」
・ドラッグストアに転職⇒薬キャリ
・病院に転職⇒マイナビ薬剤師
・企業に転職⇒リクナビ薬剤師
【薬剤師転職サイト 選び方のポイント②】 派遣薬剤師として働きたい
薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」
薬剤師の転職・派遣はファル・メイト
【薬剤師転職サイト 選び方のポイント③】 貴重な求人を見逃したくない
薬剤師求人.com
薬キャリ
【薬剤師転職サイト 選び方のポイント④】 転職祝い金を貰いながらお得に転職したい
ジョブデポ薬剤師
2番目に古い薬剤師転職サイト『ファゲット』

です。

転職する際の参考にしてくださいね♪


サイト管理人 紹介

yuu

ゆう(薬剤師)
これまでに製薬メーカー・医薬品卸・病院・調剤薬局を経験してきました。
このサイトでは、薬剤師の皆さんに役立つような情報を配信しています。
薬事のことや転職のことなど、私の知識や経験が皆さんに役立てば幸いです。